荒川 TDCインプラントセンター ARAKAWA TOKOI DENTAL CLINIC IMPLANT CENTER

荒川区のインプラントセンター 東京都荒川区町屋1-2-13 床井ビル2F 03-3894-0058

日本先進インプラント医療学会:評議員&専門医 国産インプラントAQB:臨床指導医

Left Menu

QR-coe title

QRコード

こちらのQRコードから、
携帯サイトへアクセスできます。

早く“噛める”

一般的なインプラント・システムは手術してから、実際"噛める"ようになるまで、通常ですと、およそ3〜6ヶ月といわれています。もちろん、患者さんの状態などによってその期間は長くも短くもなります。

当院の使用しているインプラント・システム(AQB)は、それらのものよりも格段に回復力の高いものです。私たちのインプラントはおよそ2ヶ月という早さで噛めるようになります。
患者さんの健康状態や口の中の環境によっては"噛む"まで1ヶ月半で回復する場合もあります。

治療の早さ Simple is the Best

治療の早さ

一般的なインプラント・システムは複雑で、治療をする私たち歯科医にとってもイメージしづらいものです。
院長である私が当院で使用しているインプラント・システム「AQB」を選んだ理由はシンプルであることです。
シンプルだからこそ手術時間も大幅な短縮ができ、術後の痛みを最小限におさえられ、患者さんにとって負担が少なく、今まで多くの患者さんに喜ばれています。


早さの理由

当院で使用しているAQBインプラント・システムは、"噛める"までの回復する期間の早さが特徴です。
これは、再結晶化HAコーティングという特殊な素材を使用したものなど、患者さんの回復力を助けるものが多くあります。
もちろんしっかりと手術・術後のケアを行い、万全の状態を保つことが条件ではありますが、それをしっかりとできれば、"噛める"までの期間はほかのインプラント・システムよりも格段に早く回復することができます。
そのためには私たち自身の努力とともに、患者さん自身も気をつけなければいけないこと(術後のケアなど)もあります。その上で、私たちは患者さんと一緒に「良い治療」を目指したいと考えています。

治療の流れ

  • 1.
  • 2.
  • 3.
  • 4.
  • 5.
  • 6.
  • 7.
  • 8.

インプラントの進行

この期間が最短で1か月!!



ページトップ